お料理が楽しくなる道具選び

お料理が楽しくなる道具選び

生活、子育て、保育・教育に関する本の出版社風鳴舎では、Parisのチョコレートお菓子レシピ本を出版しております。おうちにある材料でかんたんに作れるパリおやつのレシピと最近のパリ事情コラムが楽しめる本です。手作りお菓子には、市販のお菓子にはない魅力がたくさんあります。お菓子作りやお料理を楽しむためにも、道具を揃えてみてはいかがでしょうか。お料理やお菓子作りを楽しくするための、道具選びの基本をご紹介します。是非、参考にしてみてください。

 

お料理の基本は包丁

お料理をするうえで欠かせないのが、包丁です。包丁とは言っても様々な種類が存在し、選ぶのにも困ります。牛刀、柳刃、出刃などいろいろありますが、初めてお料理される方には「三徳包丁」か「牛刀」をおすすめします。三徳包丁は肉、野菜、魚など、この包丁一本で事足りる万能包丁と言われています。また肉や野菜を切る包丁として、プロが愛用している西洋の包丁「牛刀」もおすすめになります。こちらは、三徳包丁と比べ刃渡りが長く、先端が尖っているのが特徴的です。キャベツなどの大きめの野菜を切る際には、一気に切ることができるのもおすすめのポイントです。まずは基本の一本として、どちらかを使用してみてはいかがしょうか。

 

計量の大事さ

お料理やお菓子作りを成功させるコツは、材料の分量をしっかり計ることです。そのためには計量する道具が必要になります。基本的なのは、計量スプーン、計量カップ、キッチン用のはかりではないでしょうか。調味料や油は計量スプーン、粉や液体に関しては計量カップを用意することで、より完成度が高く美味しいお料理やお菓子を作ることができます。また、デジタル計りは正確かつすばやく計ることができてとても便利です。

 

活用度の高いボウル

お料理では様々な用途で活用されます。ハンバーグを作る際に活用したり、お菓子作りではチョコレートを溶かす、生地を混ぜる、泡立てるのに欠かせない道具です。また素材により特徴があります。ステンレス製のボウルは熱が伝わりやすく軽いことが特徴で、チョコレートを湯せんで溶かす時に便利です。ガラス製のボウルは、レンジでの使用ができ安定感があります。ホーロー製のボウルは、汚れがつきにくいことが特徴です。生地などがボウルから離れやすいので材料をムダなく使用できます。洗いやすいのでスムーズに片付くでしょう。

これらの道具が揃っているとお料理やお菓子作りが楽しくなります。少しずつ気に入った道具を集めたり、自分の好みの味に近づいていくのは楽しいものです。風鳴舎では、美味しそうなパリのレシピがたくさん掲載されている本を出版しております。パリのかんたんレシピでちょっとだけ非日常感を味わってみてはいかがですか。