保育園と幼稚園の違い

保育園と幼稚園の違い

幼稚園と保育園、この二つにはきちんと違いがあります。保育園は家庭の事情により乳幼児の保育ができないという場合、保育を行ってくれる児童福祉施設です。そして、幼稚園は学校教育法に基づいた学校であり、保育園は保育を行う場、幼稚園は教育を行う場である違いがあります。

 

受け入れ年齢数

保育園のほとんどは0歳児から小学校就学前までの子供を預かります。
しかし、幼稚園は満3歳から小学校就学前となっており、長くても3年教育の場合がほとんどです。

 

時間と入園条件

保育時間もそれぞれ異なり、保育園の場合は8時間以上、幼稚園は4時間以上となっています。また、保育園には入園条件があり、両親共に仕事をしていたり、子供の保育ができないという状態が認められなければ基本的には入園することができません。一時保育といって、一時的に短期間の保育をしてくれるサービスも始まっています。

 

費用

保育園の場合、家庭の収入に応じて各市町村が金額を決定するため、両親の総所得が多いほど保育料は高額となってしまいます。
幼稚園の場合、公立は市町村、私立の場合は幼稚園ごとに金額が決められています。また、幼稚園の場合、入園料が発生するケースがほとんどですが、認可保育園の場合、入園料は発生しません。

 

資格の違い

保育園で働くために必要な資格は「保育士」の資格で、幼稚園で働くための資格は「幼稚園教諭2種免許」か「幼稚園教諭1種免許」です。
このように働くための資格も違うのです。

風鳴舎の書籍に「保育士、幼稚園教諭のための保護者支援」という本があります。保育士や幼稚園教諭の方におすすめの本になります。
保護者支援とは何かを考えさせられたり、保護者との適切な関わり方を学ぶことができます。新人さんはもちろん、ベテランの先生にも最適です。また、著者である先生の講演も次々に開催されておりますので興味をお持ちの方はご参加ください。