保育士になるためには

保育士になるためには

保育士になるためには保育士試験に合格し、保育士資格という国家資格を取らなければなりません。
そのため、独学にて勉強を行うには少し難しいと感じることでしょう。

 

資格を取得する方法

保育士資格という国家資格を取得するためには2つの方法があります。

・ 養成校を卒業する
まず、保育園を管轄する厚生労働省が指定する養成校を卒業する方法があります。養成校は専門学校や短期大学、4年制大学、保育士養成施設のことで、保育士資格を取得できる学校になります。所定の単位を取得し、卒業することで自動的に資格を得ることができるのです。

・ 国家試験に合格する
国家試験は各都道府県で年1回開催されるため、その試験に合格することで保育士資格を取得することができます。
受験にあたっては、短期大学や高等専門学校を卒業していなければならないなどの受験資格が定められています。

 

保育士の働く場所

保育士の資格を得ることにより、資格を活かせる場もいろいろあります。代表的な就職先は保育園などが主ですが、児童厚生施設や児童養護施設、知的障害児施設、乳児院など様々です。現在、女性の社会進出により、最近は共働きの家庭が増えていますので保育施設や保育士の存在はますます重要となるでしょう。

保育士になるためにかかる費用や時間は資格取得方法によって異なってきます。自分に合った方法で資格取得を目指すといいでしょう。
また、資格取得の勉強のためには様々な本や書籍を活用するようにしましょう。すでに現場に出ている保育士が読む本なども参考にするといいのではないでしょうか。

保育士を目指す方におすすめしたい本を風鳴舎でも刊行しております。図解や事例も豊富に掲載し、新しくして分かりやすい内容としています。新人さんはもちろんのことベテラン保育士や幼稚園教諭の方にも最適な一冊をどんどん刊行してまいります。