保育士に求められること

保育士に求められること

保育士の資格を取得し、楽しく働いていても時には悩んだり、迷ったりすることもあるのではないでしょうか。どんな仕事にも、求められることがあり、それに応えなければと悩み迷うことがあるかと思います。では、保育士の場合どのようなことが求められるのでしょう。

 

信頼されること

どの保育園でも求められることは信頼されることです。子ども達、保護者、保育園から信頼される保育士であることが求められます。
子ども達が危険な目に合わないように行動を把握することはもちろん、保護者に些細なことでも報告したりするなどをして積極的にコミュニケーションを取るなど関わりを大切にして信頼関係を築いていくことが大切です。身だしなみにも気を配り、連絡や報告などを怠らないようにする必要があります。報告の仕方、コミュニケーションの仕方も重要です。

 

柔軟性をもつ

子ども達の行動には大人が理解できないことも多くあります。子ども達の安全を守るために環境を管理すると同時に、子ども達の立場になって柔軟に接することが大切です。子どもには一人ひとり個性があります。それぞれに平等に接しながら理解し、子どもの存在を認めるよう心がけます。そのためにも、柔軟な考え方ができることが求められます。

 

一生懸命取り組む

子どもの事を第一に考え、一生懸命取り組むことが求められます。褒める、遊ぶ、遊戯をする、時には叱ることも必要でしょう。
どんな時でも、どんなことも一生懸命取り組むと子どもからも保護者からも信頼されるでしょう。童心を忘れず、子ども達と一緒に遊びながらも一緒に成長できる洞察力と創造力を持っていることが重要です。

保育士が求められることには、上記以外にも様々なことがあります。風鳴舎は、保育士におすすめの書籍をご提供しております。
保育士は一人の人間の人間形成にも深く関わるお仕事です。良書と出会っていただけることを願っております。
ぜひ、保育に携わる全ての方に読んでいただきたく思います。