保育士試験について

保育士試験について

子どもが好きだから保育士になりたい、という方が保育士試験を受験したいと考えた時、保育士試験がどのようなものかを知らなければ合格が難しくなります。そこで、保育士試験について簡単にまとめました。

 

保育士試験の内容

国家試験である保育士試験は、第一次試験が筆記試験で、筆記試験に合格すると実技試験を受験することができます。

【筆記試験の具体的内容】
筆記試験には全部で以下9科目の受験科目があります。
・社会福祉
・児童家庭福祉
・子どもの心理学
・子どもの保健
・子どもの食と栄養
・保育原理
・社会的養護
・教育原理
・保育実習理論
いずれも5択のマークシート方式になっており、各科目60%以上正解すると合格です。

 

【実技試験の具体的内容】
実技試験は3分野となっています。このうちの2分野を選んで受験します。
・音楽…ピアノ、オルガンの演奏(課題曲が出される)
・絵画…絵を描く(指定された課題の絵)
・言語…自分で用意した童話などを読む
実技試験も筆記試験同様、60%が合格ラインとなります。

 

保育士試験は難易度が高く、毎年合格率が10%程度です。しかし、科目合格というシステムがあるので合格した科目は3年間持ち越すことができます。つまり、3年の間に筆記9科目と実技に合格することができると、保育士の資格が取れます。幼稚園教諭免許を持っている方は免除される科目もあります。

 

保育士の就職

保育士として働くには、保育園をはじめとした児童保育施設で働くことになります。公立の認可保育園ですと、公務員試験に合格する必要があります。私立保育園の採用試験は各県で異なります。どちらにしても、面接は欠かせません。面接前には、保育に関する書籍など保育士が読む本などを取り入れて対策することをおすすめします。
最近は、民間企業による保育施設も増えているので、保育士の就職先は幅広くなっています。
是非、資格を取って保育士として働く夢をかなえていただければと思います。
風鳴舎の試験対策本は、試験対策講座で20年以上教鞭をとっている実績ある執筆陣が書いています。お役立ていただけましたら幸いです。