子ども・子育て支援新制度について

子ども・子育て支援新制度について

少子化が進む現代の日本では、その対策として様々な子育て支援が実施されています。
その中でも、お子様がいるご家庭から注目を集めているのが、平成27年4月から施行予定の「子ども・子育て支援新制度」です。

 

子ども・子育て支援制度とは

平成24年8月に施工された「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」という子ども・子育て関連3法に基づき、より子育て支援環境の向上に努めていく制度です。
全ての子どもが、質の高い教育や保育環境などを得て、健やかに成長していけるように、妊娠時期から育児時期まで切れ目のない支援を行っていくことを目的としています。

 

子ども・子育て支援制度のポイント

・認定こども園の普及
待機児童が増えている現状の解決策として、子ども・子育て支援新制度では、幼稚園と保育所の良さを合わせた「認定こども園」の普及を進めていきます。
認定こども園では、保護者の就労状況に関係なく通うことができ、すべての子どもが同じように教育や保育を受けることができます。
また、認定こども園に通っていない子どもがいる新米ママさんが子育てで悩んだ時にも気軽に相談できる場を提供します。

・地域のニーズに応じた子育て支援
より保育環境を充実させるために、子育てをしているご家庭のニーズに応えた事業を地域で展開していきます。
例えば、小学6年生までを対象とした放課後児童クラブや一時預かりを行ってくれる施設を増やしたり、新米ママさん同士、子どもたち同士が交流できるような拠点の設置などを行うことで、子育てしやすい環境づくりを地域一体となって進めていきます。

共働きのご家庭が多い現代では、このような新制度の取り組みが大きな力となることは間違いないと思います。不安も多い新米ママさんも、同じように子育てをしている地域のママさん達と交流することで、不安を解消してストレスの少ない育児を行えるようになるかもしれません。

風鳴舎でも子育て中のお父さんお母さんが読む本や保育士・幼稚園教諭のためのコーチング書籍などを刊行しています。
書籍を通じて、子どもたちの笑顔が増えていくことを願っています。是非ご参考にしていただければと思います。