認定こども園とは

認定こども園とは

保育園不足のため保育園に入れずに、待機する児童が多いという現状を受けて作られたのが、認定こども園です。
認定こども園を利用したいとお考えの方も増えていますが、まだまだ認知度が高いとは言えず、分からないことが多いのが現状です。
特に新米ママさんにとっては、初めてのお子さんの預け先の場合、悩まれることも多いかと思います。
こちらでは、保育園、幼稚園との違いや、認定こども園の特徴について、ご紹介しようと思います。

 

保護者の就労に関わらず入園することができる

認定こども園は保護者が働いていなくても預けることができるのが特徴です。認可保育園を利用する際には、雇用証明書や就労証明書など、保護者が児童を保育できないという証明書類などが必要です。
仕事を辞めた際の転園の心配や、子どもの預け先が決まってから仕事探しをしたいと考えている保護者にとっては安心できる制度です。

 

幼稚園教員免許

認定こども園に幼稚園教諭がいることを知らない新米ママさんも多いのではないでしょうか。
就学前の年齢の子どもには、幼稚園教員免許をもった先生が指導を行い、就学前に必要な基礎知識を学ぶことができます。また幼稚園教育要領と保育所保育指針の両方の目標が達成されるよう、教育・保育ともに安心して受けることができます。

 

子育て支援の充実

認定こども園は、地域の全ての子育て家庭を対象に、子育ての相談や不安に対応した相談活動、親子の集いの場の提供などを行う機能も担っています。 子育ての悩みはつきいないものです。一人で悩んでいる新米ママさんもいらっしゃると思います。 入園者だけでなく、地域の同じ年齢のお子さんと母親が集まる、集いの日などもありますので、日時などを確認後、参加してみるのもおすすめです。園の雰囲気を知ることもでき、先生や行政機関のカウンセラーに、子育てについていろいろ相談することができます。

新米ママさんは子育てについて、本で学んだり、自分の母親から教わったりすることが多いと思います。また同年代のお子さんをもつ母親同士での情報交換もとても大事です。認定こども園は入園者だけでなく、地域の子育て支援をしていますので、お気軽に訪ねてみてはいかがでしょうか。

風鳴舎でもお母さんが読む本や保育士・幼稚園教諭のためのスキルアップ書籍などを刊行しています。子育てに悩んだときは書籍からじっくり学ぶことも多くあります。是非参考にしていただければと思います。