pris_cover800

パリの晴れごはん

多田千香子 著

もてなし、持ちより、ピクニック!集まる日の簡単レシピ
いつもの食材がハレの日の一品に
パリに暮らして、パリを旅して、出会った小粋な52のレシピたち
ぱぱっとできるパリの最新レシピをご紹介
各章のコラムにも、パリの“おいしい”情報が満載
パリ好き女子にも楽しめる1冊です。

2015年6月22日発売

B5判 112ページ
定価1,500円(+税)
ISBN 978-4-88024-517-1

■【SCENE1】1日パリ食堂

男前グジェール(塩味のチーズシュー)/お魚パピヨット/ピサラディエール/ころりんマッシュルーム/ほか

■【SCENE2】ガレット&リエット

ガレット(そば粉のクレープ)/マリーのクレープ/民宿ボヘミエンヌ/サバのリエット/緑のハモス/ほか

■【SCENE3】菜食カフェ

木曜日のベジバーガー/さつまいもバトン/レンコンとレーズンのマリネ/ギリシャ風ズッキーニ/ほか

■【SCENE4】おつまみ秘密結社

ケーク・サレ/田舎風パテ/絹折職人の脳みそ&シガレット/タラマ&ブリニス/タイムとピンクペッパーの塩サブレ/ほか

■【SCENE5】女子ブランチ

太陽のグラタン/紫キャベツのブレゼ/鮭のテリーヌ/夏のお楽しみサラダ/オリーブ入りフーガス/しょうがパンナコッタ/ほか

■【SCENE6】甘い海におぼれよう

ナンシー風ガトー・オ・ショコラ/抹茶ポ・ド・クレーム/オトナさまブラウニー/ケーク・タタン/抹茶マカロン/ほか

paris_p4-5 paris_p8-9
paris_p74-75 paris_p86-87
paris_p38-39

多田千香子 プロフィール

朝日新聞記者として新潟・広島・大阪・福岡で12年あまり勤務。 退社と同時にパリに渡り、料理学校 ル・コル ドン・ブルー・パリ校に入る。 製菓上級課程を修了。

帰国後、おやつ新報で、おやつ記事の配信をスタート。 京都・東京在住を経て2013年よりインド在住。

著書に
「パリのチョコレートレシピ帖」(小社刊)
「パリ砂糖漬けの日々」(文藝春秋)
「おやつ新報へ、ようこそ。」(エンターブレイン刊)
「パリのおやつ旅のおやつ」(朝日新聞出版刊)