保育士の資格を活かせるお仕事

資格を活かして働く職業の一つに保育士があります。保育士資格は保育園や子ども園、児童養護施設等に勤める勤務スタイルの他に様々な形で活かすことができます。保育士資格の取得を目指すのであれば、資格取得後、どのような形で活躍したいのかを考えておくことも大切です。

ベビーシッター、保育ママ

ベビーシッターは利用者の自宅などで保育を行うサービスです。場合によっては、病気の子どもの面倒を見たり、保育所への送迎、家事代行を兼務するサービスをすることもあります。

保育ママは、自宅で数名の乳幼児の保育を行うお仕事です。自治体が独自に基準を設けて実施したり、民間サービスとして行われていたりします。お仕事や介護など、子育て以外にこなさなければならないことが沢山ある方の支えとして活躍することができます。

働く人のための託児や学童保育など

保育士の就職先として近年増えているのが、民間企業内保育への従事です。共働きの夫婦にとって、子どもを安心して預けることのできる環境は非常に重要な役割を担っています。民間企業内の保育所は、子供を持つ方にとってメリットばかりです。出勤時に子どもをスムーズに預けることができる、働いている職場の一角で子どもを預けることができ安心感があるなどは、特に嬉しいメリットとして挙げられます。
託児所を導入することは、従業員の働きやすさに繋がるため、企業側にもプラスになります。待機児童が多く、認可保育園に入れない児童にとって重要な役割を果たしている企業内の託児所で、やりがいを感じながら働くのも良いでしょう。

学童保育の需要も高まっています。小学校において、自治体が行う学童保育もあれば、民間企業による民間学童保育もあります。

余暇のための託児所

デパートやイベント会場、劇場などの施設内に託児所が設けられている所もあります。子どもの面倒を見ることは親にとって重要な仕事ですが、子育てばかりをしていると心身共に疲れきってしまいます。また、小さい子どもを連れて、デパートやイベント会場に出かけるのは大変なものです。デパートやイベント会場に併設されている託児所で働くことで、子育てを頑張っているママ、パパに楽しい時間を過ごしてもらうためのお手伝いをすることができます。

保育士資格を取得するためには、ポイントを押さえながら勉強する必要があります。口コミ人気ランキングなどを参考にして、保育士試験の対策に活用できる書籍をお探しの方もいらっしゃると思います。

保育士資格取得を目指してこれから勉強を始めようとお考えの方には、試験を徹底的に分析しつくし、対策のとり方までもわかる書籍をおすすめします。風鳴舎では、保育士資格取得のための学習を刊行しています。
『保育士精選過去問題集』は、試験の過去問題から試験対策26年の熟練講師が重要問題を厳選して掲載しておりますので、初めて受験される方にも、2度目3度目受験の方にもおすすめです。