保育士資格を取得するメリット

子どもが好きな方から多くの人気を集めている保育士お仕事。保育士資格の勉強のために、口コミなどを参考にして保育士試験対策を探している方もいらっしゃるでしょう。保育士資格を取得することは、保育士として活躍するために必要なだけではなく、取得することで様々なメリットが得られます。

国家資格である

保育士資格は、保育の仕事をする上で必要な知識を身につけていることを証明できます。それに加え、国家資格であるため、一度取得すれば更新手続きなどを行わずに、生涯にわたり資格を役立てることができます。

一度職を離れても、復職しやすいというメリットもあります。女性は、結婚、出産、育児、介護などの理由でしばらく仕事ができなくなることが多いものです。資格を持っていないと、復職することが難しくなる可能性が高まります。そのような状況に置かれてしまうと、望むタイミングで職を離れることができなかったり、仕事に復帰する時のことを心配しながら離職することになりかねませんので、資格取得は有効です。

一度取得すれば、生涯にわたって保育に関する知識を有していることを証明できる保育士資格は、安心や安定を求める方にもおすすめです。

プライベートを大切にした勤務スタイルで働ける

保育士は、子どもを持つ保護者の方が働いている間、保護者の方に変わって子どもを預かるため、保育園での勤務は平日が中心です。行事がある場合などを除けば、多くの保育園が平日勤務であるため、週末に休暇を取ることができます(土曜日はシフト制で勤務のある園が多いですが、日曜日はお休み)。

休暇を安定して取ることができるため、プライベートの予定も立てやすいと言えます。パート勤務であれば、よりプライベートを優先した働き方も可能です。平日の子どもが学校にいる時間帯に、パートとして働けば、子育てと仕事を無理なく両立することが可能です。

自身の子育てに役立てることができる

保育士資格を取得するために学ぶ内容は、子育てにも活かすことができます。仕事として活かすために取得するだけではなく、子育てのヒントを得るために保育士資格の勉強に取り組んだり、保育士試験受験に挑戦するのも一つの手です。また、資格を活かして保育士として勤務した後、子育てに専念するために仕事を離れることになった場合でも、復帰して子育て期間の経験を仕事に活かすことができます。逆に、子育ての経験を資格取得に活かすこともできるといえます。

保育士資格の取得を目指して、保育士試験の受験を考えていらっしゃる方には、風鳴舎が刊行している保育士試験対策本をおすすめします。独学のための学習本としてだけでなく、学校に通われている方であれば普段の勉強にプラスして学習する参考書としてもご活用頂けます。