保育士が必要とされる理由

保育士になる夢を実現するために、猛勉強中の方はたくさんいらっしゃると思います。独学で保育士の資格を取得したいという方の中には、口コミ人気となっているおすすめの参考書や資格教材を求めている方もいらっしゃるでしょう。近年では保育士のニーズが高まってきておりますが、なぜそんなに保育士が必要とされるのでしょうか。

待機児童の多さ

日本は現在、待機児童問題に悩まされています。保育所不足が社会問題ともなり、ニュースでも頻繁に取り沙汰され、早急な対策が求められているのが現状です。少子化なのになぜと不思議に感じる方も多いと思いますが、共働き夫婦や核家族化が増えたことや保育士不足などが、待機児童問題の原因として挙げられます。子どもを保育所に入れたくても、待機人数よりも保育施設の数が少ないため、都心部では特に待機児童問題が深刻化しているのです。この問題が解決できるまで、保育士は必要とされ続けるでしょう。

保育サービスの多様化

女性が社会に進出するのが当たり前となっている現代です。早朝から子どもを保育園へ送り届け、夕方迎えに行くというルーティンを困難とするご家庭が実際にたくさんあります。そのため、保育時間の延長や24時間体制、休日保育など、働くママを応援するサービスに対応した保育施設が増えてきています。必然的に、夜間勤務や休日勤務の保育士の確保が必要となるのは明らかでしょう。

保育施設の増加

保育士を必要としているのは保育所だけではありません。乳児院や児童養護施設、障害を持つ児童のための施設、母子生活支援施設、児童厚生施設、児童館、病院、助産施設など様々です。保育士は保育園で働くというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、これだけ多くの施設が、保育資格を持つ優秀な人材を求めています。保育士は、幅広い現場で活躍することができる、やりがいのある仕事といえると思います。

風鳴舎では、『保育士精選過去問題集』や『保育士・幼稚園教論のための保護者支援』、『認定こども園がわかる本』など、教育保育関係のを取り扱っております。ぜひご活用ください。