公立保育園と私立保育園の違いとは

保育士を目指している子ども好きの方は大勢いらっしゃると思います。口コミでも人気となっている、おすすめ保育士試験をお探しの方もいらっしゃるでしょう。認可保育園には「公立保育園」と「私立保育園」の2種類があります。こちらではその違いについてご紹介します。就職の際にお役立てください。

公立保育園

公立保育園は市区町村の自治体が運営しているため、運営状況に多少の違いがあるにせよ、全体的な質には統一感があります。
保育士の勤務年数は私立に比べると長く、出産後に復帰する先生が多いのも特徴でしょう。公務員となるため先生の転勤があり、園長先生が異動になった際には、園の方針が変わることもあります。

給与は、地方公務員に準拠した金額となるため、各種手当や福利厚生などの待遇も充実し、安定している魅力があります。
教育制度や研修制度に力を入れている地方自治体も多いため、キャリアアップを目指せるのもメリットと言えるでしょう。
正規職員として働くためには、各自治体での採用試験に合格しなくてはなりません。公立保育園は民営化が進んでいるのも事実なので、狭き門だということは心に留めておきましょう。

私立保育園

私立幼稚園は社会福祉法人や宗教法人、企業などが運営しているため、サービスも様々です。宗教をベースにしている園やアットホームをうりにした園、食育に力を入れている園など、その方針は運営母体によって変わります。複数の園を経営している私立保育園以外は、基本的に先生の異動はありません。イベントや幼児教育に力を入れるなど、それぞれの個性を出すために特徴のある園も多いため、楽しく働くこともできるのも魅力と言えるでしょう。公立保育園よりも給与は安定しているとはいえない部分もありますが、昇給率の高い保育園も実際に存在します。私立に就職をお考えの方は、その園の評判を確かめ、どのような園なのかをしっかりと把握することが大切です。

風鳴舎では、『保育士精選過去問題集』や“これからの保育”シリーズの『認定こども園がわかる本』、『保育士・幼稚園教論のための保護者支援』、発達障害の本など、教育保育関係の書籍を刊行しています。独学で保育士試験にパスしたいという方にもおすすめとなっておりますので、実技試験対策を知りたい方、保育士試験本をお探しの方は、ぜひご活用ください。