pic_cover

新しい時代の共生のカタチ
〜地域の寄合所 また明日

乳幼児と要介護老人が共に生きる、街の寄り合い所を追った書籍。
新しい時代の共生のカタチ~地域の寄り合い所 「また明日」

2019年12月15日発売

四六判/1+4C/写真フルカラー/218ページ
本体価格1,400円+税
ISBN978-4-907537-23-4

【概要】

保育所、認知症デイホーム、地域の寄り合い所、3つの機能を合わせ持つ施設「また明日」。外では要介護老人・幼児と呼ばれる人々が、自らの意思で助け合うこの家。本書では、施設の中での生活の1ページひとつひとつを追いながら、これからの時代に必要な『共に生きられる社会』を探っていきます。

介護施設職員の対応問題、保育園の待機児童問題。
『守られている人々の面倒をどう見るのか』に、沢山の人が頭を悩ませている時代。しかし、この「また明日」という施設では、全く逆の発想で人々が暮らしています。外では要介護老人と呼ばれるお年寄りが、ここでは子どもの世話に混ざり、家では保護者に守られる子どもが、ここではお年寄りのことを気遣います。

【ムービー】

施設で、何かをやるように指示をするということはありません。みんな自発的に、周りを助けているのです。

お年寄りは、周りに小さい子どもがいれば、世話をしてあげたくなる。
子どもは、歩くのが大変そうなお年寄りがいれば、手を引いてあげたくなる。
『誰かを助けたい』という気持ちは、人が誰しも持っている、自然な感情です。
そして助け合う関係のなかでは、肩書きは意味を持たず、ただひとりの人として生きられる環境が生まれるのです。

本の中では、写真付きで、「また明日」での生活の一場面一場面を追いながら、お年寄りや子どもたちの心の動きを感じとることができます。さらに、そこから学び取れるヒントや、東大名誉教授の汐見稔幸先生(保育・教育学)と森田眞希さん(「また明日」代表)の対談も収録。また明日での生活をヒントに、これからの社会に必要な共生の関係について考えていきます。

「また明日」特設サイト:https://fuumeisha.co.jp/mata-asita/

【本書立ち読み】

【また明日とは】

NPO法人 地域の寄り合い所 また明日は、認知症対応型通所介護を行うデイホームと、乳幼児の小規模保育所、そして独自の地域福祉事業である寄り合い所を運営している。

建物はアパートの1階5戸分の壁を取り払った長屋のようなユニークな造り。世代を越えた交流の中で、子どもの存在がお年寄りの笑顔を引き出し、また、お年寄りが育児ママの緊張を緩める。そこにはお互いに与え合う関係があり、時には泣き、時には大笑いする穏やかな時間が流れる。「また明日」は、これからの時代の新しい共生のカタチ、地域共生社会のモデルといえる。

太田美由紀(おおた・みゆき) プロフィール

1971年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部卒。編集者・ライター。育児、教育、福祉を中心に、誕生から死まで「生きる」を軸に多数の雑誌・書籍に関わる。2011年よりNHK Eテレの子育て番組『すくすく子育て』の制作に携わる。 また、同年より新宿区教育委員会家庭支援課による家庭教育ワークシートプロジェクトメンバー。東京都子育て支援員、子育てコーディネーターとして子育て相談の現場でも活動。2017年より狛江市子ども・子育て会議市民委員。Forbes Japan webオフィシャルコラムニストとして「ドキュメント 教育革命の最前線から」執筆連載中。「新しい時代をつくる子育て・教育とは何か」「人間とは何か」に迫るため、取材・執筆・編集等の活動を続けている。