風鳴舎

風鳴舎

新刊『絵本から広がる遊びの世界 読みあう絵本』発売

2017.5.30 更新

『絵本から広がる遊びの世界 読みあう絵本』いよいよ発売。
読みあう絵本shoei

樋口正春、仲本美央 編著
読みあう活動研究会(石井康香、高野美千絵、有馬聡子、米原生野、白石和也、宇野直樹)著

絵本を通して培われる大人と子どもとの相互作用・活動が、子どもの成長にどのように作用するのか、わくわく楽しい保育の実践を通してお伝えする本です。
絵本の読み聞かせが子どもの育ちにいい、と言われますが、何がどういいものなのか、よくわからずに絵本を読んでいる方も多いのではないでしょうか。
本書では、子どもと大人とで絵本を〝読みあう”ことを出発点に、子どもが自らの成長につながる遊びの世界を見つけていく、その遊びを通して成長していく、その姿を追っています。
具体的な実践法が満載。絵本の素晴らしさと、子どもの発達段階に絵本がどう作用するのか、を実感いただけます。
保育士さん自身の成長につながるヒント・ポイントも満載。
普段の保育や子育てにお役立ていただけます。
絵本の年間計画表(<年齢別>0,1,2,3,4,5歳)付。
2018年4月施行の「新・保育所保育指針」対応。
写真満載。オールフルカラー本。

お知らせ一覧